無料資料請求
TOP > DFAライセンスについて

SONGについて
  • SONGフラワーについて
  • 学校の特徴
  • 制度のご紹介
  • 講師のご紹介
  • 良くあるご質問(Q&A)
  • DFAライセンスについて
  • NFD資格について
  • 生徒・卒業生の活躍
  • ウエディング作品
  • レッスンカレンダー
  • アクセス
  • お問合せ
  • 学校の最新情報はこちら

DFAライセンスについて


DFAライセンスとは?
DFA(ダッチディプロマ)ライセンスは、オランダ農水省が公認している国家ライセンスで、フローリストとして必要な技術を習得していることを、ヨーロッパ諸国全土において証明できる国際ライセンスでもあります。「DFA1」は、単に作品を作れるようになるだけでなく、お花を長持ちさせる方法、花の選び方、色の組み合わせ方、輸送を考えての処置といった、お花屋さんで必要とされるテクニックを自ら考え判断する力が求められます。(「DFA1」「ADFA2」「MASTR3」の順にレベル分けされています。)フローリストの技術レベルを維持するために、 VBW/SOB(オランダ花き園芸教育協会)とEFDA(ヨーロピアン・フローラル・デザイン・アカデミー)が試験の実施・認定を行っています。当校はこのDFA資格のライセンス校認定を受けております。
DFAライセンス校とは?
VBW(公式オランダフローリスト協会)に公認登録されたスクールで、世界で41校、日本では2012年現在で11校あります。ライセンス校では、「DFA1」「ADFA2」資格検定試験実施権を有していますので、ライセンス認定試験を国内で実施させることができます。(当校の生徒は、サブジェクトAB試験の際、普段使っているお教室が試験会場となります。)
また、日本のDFAライセンス校は、日本国内でのDFA普及活動(受験環境の向上とフローリスト育成など)を目的とした「DPFD(Dutch Professional Floral Design Associationダッチプロフェッショナルフローラルデザイン協会)」 という協会に所属しています。
DPFD協会とは?
DPFD協会ホームページ>>
DFAライセンス取得までの流れ
当校では、DFAライセンス取得を目指す場合、2つのパターンからご自身にあった受講方法をお選び頂けます。全くの初心者の方や、段階を踏んで自分のペースでDFAを学びたい方は、DFAステップⅠからスタート頂き、ステップⅡ、ステップⅢ、DFA試験対策コースへと進む「パターン1」を、始めからDFAライセンス取得を目標とされる方にはDFAライセンス取得コースから対策コースへと進む「パターン2」をおすすめします。


各コース詳細はこちらからご覧下さい
  • DFAステップ1
  • DFAステップ2
  • DFAステップ3
  • DFAライセンス取得コース
  • DFA試験対策コース


オランダマスターフローリストによる特別レッスン
DFA、ADFAライセンスの受験資格として、オランダのマスターフローリスとによる特別レッスンの受講が必須項目とされています。当校では、Mr.Erik van Heijst(エリック ファン ヘイスト氏)を招き、2日間にかけて試験対策を兼ねた特別レッスンを受講頂けます。
※このレッスンでは、証明書が発行されます。


タッチフラワーアレンジメントの特徴
豊かな色彩、大胆な構図。オランダの社会と文化を特徴づける「自由・独立精神・寛容」といったオランダスタイルから生まれるフラワーアレンジは、花だけに限らず、実物やグリーン、木の皮、野菜など、使う素材の豊富さ、そして型にはまらない斬新なデザインといった自由さと独創性に現れています。また、実用性の観点から、花を単に飾るだけではなく、持ち運びができることや、花を長持ちさせるための基礎技術を大変重視しています。ダッチフラワーアレンジメントを学ぶことは、花の仕事に就くフローリストにとって、大変有効であり、またフラワーデザインの幅を大きく広げていただくことができます。

推奨ブログ:EFDA オランダのフローラルデザイン
EFDAの活動を通して、ダッチスタイルのアレンジメントや資格について詳しく紹介されています。


思った時が始め時。ご希望の時期からいつでもスタートできます。


  • DFA対応コースをチェック
  • 資料を請求する